包丁は砥ぎ方ひとつで料理の味にも変化が。だからメンテナンスするならプロが一番!

>

包丁のメンテナンスはプロが最適!

包丁のメンテナンス、自分でしますか?

包丁のメンテナンスの手間と難しさは、ご理解いただけたかと思います。

ところで皆さんは包丁を購入する際、何で購入を決めますか?おそらく一番多いのが、値段でしょう。ただ料理が非常に好きな方やプロの方は、値段は二の次三の次で、切れ味で選ぶかも知れません。
もし後者の理由から包丁を選んだのであれば、大切な包丁を長持ちさせるためにも、メンテナンスはプロにお任せしましょう!

もしさほど高くはない包丁を購入したとしても、普段の調理で食品本来の味はもちろん仕上がりの味を変えないためにも、プロのメンテナンスを利用した方が、良いと思います。最近では包丁のメンテナンスの価格の幅はかなり広いです。
しっかり比較をした上で申し込みましょう。

包丁のメンテナンスはプロにお任せしよう!

一定以上の値段の包丁になると、メンテナンスをして貰えるところがあります。もちろんそれ以外の包丁でもメンテナンスをするところも。
ところで包丁の砥ぎの手間と難しさはご紹介した通りですが、手先が器用な人がいれば不器用な人がいるように、もしかすると人によっては、包丁の砥ぎを簡単にマスターされる方がいるかもしれません。

ただもし砥ぎ方を容易くマスターできたとしても、砥いだ後の「砥ぎ石の洗い」や「砥石のメンテナンス」も面倒です。
例えば「砥ぎ石の洗い」は日陰干しして(完全に)乾かさなければなりません。
また「砥ぎ石」は砥いでいると当然のことながら、砥いでいる面はへこんできます。
へこんだ砥ぎ石の面は、修正する必要があります。

以上より包丁のメンテナンスは手間がかかるということをご理解いただけたのではないでしょうか。しかも中には、時間の確保が難しい工程も。以上により、プロにお任せするのが一番!というわけなのです。


TOPへ戻る