包丁は砥ぎ方ひとつで料理の味にも変化が。だからメンテナンスするならプロが一番!

>

包丁のメンテナンスはやっぱりプロに任せるのが一番!な理由

包丁について、ご存じですか?

まず「包丁」と言っても種類はいろいろあります。野菜を切るのに向いている「菜切包丁」、大きな肉を切るのに向いている「牛刀包丁」、あとおそらく圧倒的多数のご家庭で用いられてる「三徳包丁」。

ところで皆さんは、「三徳包丁」はなぜ「(三徳)包丁」というのかをご存じですか?この「三徳包丁」とは「肉・魚・野菜とあらゆるジャンルの具材を切るのに適した包丁」つまり「何でも切れる使い勝手の良い包丁」という意味です。

少しお年を重ねられた方ならご存じだとは思いますが、昔は「文化包丁」とか「万能包丁」とも呼ばれていました。現在は「文化包丁」も「万能包丁」も「三徳包丁」と同意語とし用いられています。

少し余談が長くなってしまいましたが、大抵のご家庭では「三徳包丁」一本で料理が作られています。ではこの「三徳包丁」のメンテナンスの仕方はどうすればいいのでしょうか?

包丁は砥ぎ石も含め、和食同様、非常に繊細

まず包丁には「両刃」と「片刃」があります。多くのご家庭で使われている三徳包丁は「両刃」に属します。ではあえて「両刃」と「片刃」の両方を紹介したのかと言えば、「両刃」と「片刃」ではメンテナンスの仕方が変わってくるから。

もっと言ってしまえば、包丁を砥ぐための砥ぎ石にも種類があり、砥ぎ石自体にもメンテナンスが必要。つまり包丁だけならまだしも、包丁を砥ぐための砥ぎ石自体にいくつも種類があり、それらにもメンテナンスが必要なほど「包丁を砥ぐ」という作業は手間がかかることなのです。

しかも包丁を研ぐ前に砥石を水につけなければならないものもあります。中には水につけた砥ぎ石から気泡が出なくなるまで水につける必要がある砥ぎ石もあります。

これは言い換えれば、砥ぐ前から待ち時間がかかってくることになります。
でもこの初動をしっかりしないと、包丁の砥ぎ具合にも影響が。
和食同様包丁や砥ぎ石も非常に繊細なのです。


TOPへ戻る